猿島ツアー

2017年5月9日
画像猿島は横須賀三笠桟橋から船で行く無人島ですが、かつて海軍の砲台があった歴史に残る観光名所です。前から行ってみたいと思っていたのですが、最近になってトレッキングツアーとしてツーリストの企画がありましたので参加しました。猿島は三浦半島の本土防衛の要所でしたので他国の上陸を阻止するための砲台が設置されていました。結局使われたことはなかったようですが必要性があるときには準備が肝要のようです。猿島の名前の由来はかって日蓮上人がこの島で修行した洞窟があり、そこで猿と一緒に生活したとの言い伝えから猿島と名ずけられたようです。このツアーは三浦半島一周トレッキングツアーと称していたように、この後に城ヶ島の海鳥生息地の見学、鎌倉の北条家滅亡の墓(やぐら)と鶴岡八幡宮、横浜山手近くの根岸公園旧競馬場跡(米軍基地)といろいろ見学しましたので歩数にして15000をはるかに超えていてバスに乗ったり、添乗員の解説を聞いたり、降りては散策したりで忙しいツアーでしたが、疲れも感じず満足した日帰り昼食付きの観光旅行でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック