奥多摩の水道水源林

2018年8月10日
画像
小菅村の道の駅に車中泊した翌日は丹波山村を越えて柳沢峠から大菩薩峠の北方に位置する東京都の水道水源林を散策しました。緑が濃く茂り倒木には苔が張り付いたぶなの森は下草は無く落ち葉が敷き詰められていていかにも水はけが良さそうな山道が続いていました。約3kmほどの散策でしたが笠岳他の奥多摩の山脈が展望でき少しは涼しさも感じられた散策路でした。もう少し歩きたかったので柳沢峠から蓮華躑躅の名所の三窪高原を目指しましたが、時季外れのこともあり登山者は誰もおらず、道も荒れていて面白くなさそうでしたので柳沢ノ頭(1671m)で諦めました。三窪高原まではまだまだ先がありそうでしたが、高山植物も咲いておらず、時季外れの登山は楽しめたものではありませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック