八方池バックカントリー

2018年3月15日
画像八方尾根、五竜、栂池を滑るスキーに参加して3日目は八方尾根スキー場。晴天に恵まれましたので八方池を目指してバックカントリーに出かけました。この時期になるとゲレンデは雪解けが始まっていて雪が重くなりますが、バックカントリーは雪が踏みしめられていてツボ足で十分登れます。夏道ですと木道の階段が延々と続くのですが、冬道ですと広い雪原を自由に登れます。晴れ渡っていましたので唐松岳、八峰キレット、白馬がはるかに望めて、ゆったりとした気分になり登りであるこもあまり気になりません。八歩池まで行きましたが池は雪に覆われていて起伏もなく滑らかな雪原があるだけでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック