アヤメ平

2017年6月1日
画像6月の初日に例年の慣行通リに尾瀬トレッキングを目指しました。今回はデラックスに老神温泉のホテルに前泊して、ホテルの無料送迎バスで戸倉の尾瀬シャトルバス発着所まで送ってもらい10時ころに鳩待峠から登山開始。尾瀬ヶ原はいつも行っているので時間配分からすると見晴までは行けそうでしたが、トレッカーも多そうでしたので至仏山に登るつもりでした。何と至仏山は5/8~6/末まで尾瀬の生態系保護のため登山禁止されており、同じルートになる笠岳も登山禁止になっていました。仕方ないのでアヤメ平(1970m)日帰りコースを選びました。しかしこのコースは例年より雪解けが遅れており、木道は雪に埋もれていて、雪解けの始まっている部分は濡れて滑りやすい、全面雪に覆われている斜面を歩くが溶けかかっているので陥没しやすく何回も登山靴を濡らす羽目になりました。歩きずらいことはなはだしく、挙句に曇り空から小雨が降り出しあわててアノラックを羽織って歩き続けました。ようやくたどりついたアヤメ平からの景観はなく、ただ枯れ果てた湿原が広がっているだけでした。何かと疲れのみが残った山行でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック