尾瀬岩鞍スキーと花火

2012年2月4日~6日
画像画像画像---------尾瀬岩倉でのスキーの第1日は片品村の御神火祭りで,寒い最中で雪の降りしきる最中に大きな焚き火を2つ焚き、地元の参加者だけでは人数も少ないこともあり、我々も観光客として参加し、尾瀬鍋、おでん鍋、もつ鍋、お燗酒、たまご酒をいただき、それから地元若手による太鼓演奏、神輿巡回、花火打ち上げがありました。さすがに神輿には参加しませんでしたが、男は素足に褌、女性は半被にねじり鉢巻きという姿の本格的なものでした。19時から始まりましたが、さすが最後までは留まれず、宿に帰ってから打ち上げ花火を撮影しました。真冬の花火は数こそ多くはありませんでしうたが、東日本大震災の被災者の方々の鎮魂の意味もあり、遠くからではありましたが、眺めさせていただkりました。
第2日は朝から晴天で、広い尾瀬岩鞍のゲレンデスキーを楽しみました。夜は4人集まっての麻雀でしたが、酒を飲みながらのプレイでしたので、和気あいあいと楽しませていただきました。
第三日は月曜だったこともあり、すっかり空いているシニアー向けのゲレンデスキーを楽しみ12時には切り上げ帰途につきました。いろいろのイベントのあったスキーツアーでしたが楽しませていただきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック